カルグルト 飲むタイミング

サプリといえどタイミングと飲み方は重要と思う!

カルグルトは顆粒タイプの乳酸菌サプリで、薬じゃないので飲むタイミングは基本的にいつでもいいんですが、私の経験を踏まえて一番おススメな飲むタイミングや飲み方をご紹介します。

 

カルグルト飲み方

 

これからカルグルトを試そうとしている方や、既にカルグルトを飲んでるけど飲むタイミングや飲み方としておススメの方法を調べてるあなたの参考になれば幸いです。

絶対おすすめのタイミングと時間帯

カルグルトに限らず乳酸菌サプリを飲むタイミングとして一番おススメなのは夕食後です。

 

ヨーグルトの場合はよく朝食で食べる人もいるので乳酸菌は朝の方がいいんじゃない?というイメージを持ちがちですが、夕食後の方がいいですよ。

 

 

ヨーグルトは乳酸菌以外にもビタミン、ミネラル、たんぱく質など総合的に栄養を簡単に取れるので朝食としてはいいんですが、乳酸菌の量としては圧倒的にサプリの方があります。

 

ではカルグルトがなぜ夕食後がいいのかというと、
まず、食後は胃酸の影響を受けにくく腸に届きやすいからです。

 

空腹時には胃酸など消化酵素の影響をもろに受けて腸に届く前に死んでしまう可能性が高く、生きたまま腸にたどり着く乳酸菌の量が少なくなるんですね。

 

食後であれば、この影響がすくなく生きたまま腸に届く確率が圧倒的に高くなります。

 

カルグルトは元々生命力の強い乳酸菌のサプリなのでそれほど気にしなくてもいいかもしれませんが、より確実に腸へ届かせるにはおススメです。

 

腸内フローラ

また、朝食後でも昼食後でもなく夕食後の理由は、自律神経が活発になり腸のぜん動運動が盛んになる22〜2時の時間帯に合わせることも大きな目的です。

 

 

その意味で21時ころに夕食を済ませてすぐにカルグルトを飲む習慣をつければ、22時以降の時間に腸にたどり着いた善玉菌たちが体中を健康にしてくれてるというイメージですね。

 

漠然と飲んでもいいんですが、イメージを持ちながら飲むのもモチベーションが高くなる秘訣ですよ。

 

ただ、夕食後だと忘れやすいとか言う場合は、一番忘れにくい時間帯で構いません。

 

一番大切なのは毎日飲み続けることなので。

効果を高める飲み方

カルグルトは顆粒タイプなのでドリンクの溶かして飲むのが一般的です。
水に溶かして飲むとカルピスのような味で私は結構気に入ってます。

 

でも、カルグルトを水に溶かすとダマになりやすいという人も結構います。
私は気にならなかったんですが、結構文句の書き込みしてる人も多いですよ。

 

カルグルト飲み方

 

構わず飲んでしまえばいいですが、気になる人もいるようです。

 

効果的に最もおススメなのは脂肪分が少ないヨーグルトに混ぜて飲む方法です。
ヨーグルトの味もちょっと変わってよりおいしくなるし、乳酸菌やたんぱく質やそこから分解されるアミノ酸もバランスよく摂取できるのでいいですよ。

 

特に30代以降のホルモンバランスの崩れが気になる人はアミノ酸は必須だし、夕食後にカルグルトとヨーグルトを混ぜて食べることで、乳酸菌の力で腸内改善してアミノ酸の働きでホルモンの分泌が活発になるなんてことも期待できます。

 

ただ、ヨーグルトが苦手な人は水で全然かまいません。

 

ダマが気になる場合はわざわざ水に溶かさず、粉末の薬のようにカルグルトをそのまま口にいれて水で流し込むという方法もおススメです。

 


トップ お試し 解約 販売店 副作用